薬剤師さんがグローバル企業で働きたいを叶えるポイント3つ

グローバル
薬剤師にもグローバル化の波がきており、求人もちらほら見かけることが増えました。将来的にワールドワイドな活躍をしたいと考えている方であれば、グローバル企業で薬剤師として採用されたいと思ったことはあるでしょう。そういった願望を叶えるためにはどういったポイントに気をつけて就職・転職活動を行えば良いのでしょうか。

英語を身につける

まず言語の問題です。
公用語である英語が喋られることはほぼ必須といっても過言ではありません。中にはTOEICの点数に基準を設けている求人もあるため確認しておきましょう。日常会話が出来れば良いというわけではなく、実際の仕事内容では専門的な用語も飛び交うこともありますのでしっかりとコミュニケーションが取ることができるレベルが望ましいでしょう。しかしただ会話が出来れば採用されるかといえばそうではないのを念頭に置いておきましょう。

精神面を強くする

次に精神面で安定していることや、逆境に強い人間が求められている傾向があります。様々な人種としっかりコミュニケーションが出来、人と人とを繋ぐ橋渡しとして最後まで諦めない姿勢を持っていること、プロジェクトをやり遂げる力があるかどうかなども重視されています。こういった点についてもしっかりアピールできるようにしておきましょう。

文化の違いを受け入れる器をもつ

例えば、アジア圏内である国を例に挙げますと、時間内は一生兼命はたらきますが、それ以外は一切働かない。それは契約時間外だから。などといった文化もあります。

もし、出向という形で責任者になった杯このような問題を解決するために「各刻の文化」を学ぶ必要がります。文化を学んだうえで、現場の戦略を練れる人材は非常に重宝されます。

最後に

世界で活躍するということは、様々なひととかかわりを持つということです。であれば、後進の人材を育成も必要になってきます。薬剤師とはいえ、大きなくくりでは医療業界です。病の対応はみな同じでありますので、広げていくことも必要になるでしょう。

グローバル企業は貴方を採用することで次に繋げる人材となって欲しい気持ちを持っていることが多いです。管理職経験などがあれば大きなアドバンテージになるでしょう。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。