研究機関での薬剤師の雇用形態とは?

研究機関
薬剤師免許を取得した場合、目指せる職業はいわゆる薬剤師のみでしょうか?違いますよね。薬学研究員を目指すという選択肢もあります。研究機関での薬学研究を生業にするのです。

研究機関の採用枠は多いの??

しかし、この研究職とは非常に狭き門をくぐらなければならない仕事です。なろうと思って誰もが研究者になれるわけではありません。とくに公的な研究機関などの場合は、努力や熱意だけでどうにかなるものではありません。

公的な研究機関の場合、まず応募資格に「博士の学位を有する者」という一文があることが普通です。学位の最高位を有することが最低条件なのです。

博士であればすぐに研究職になれるわけではありません。

まず、求人を出している研究機関が自分の専門している分野の博士を必要としていることが大前提です。これは当たり前ですよね?加えて具体的にどのような研究をしてきて、どんな実績があるのか、も研究機関側のニーズと一致していなければならないのです。薬学系の研究といっても、意味は広いですよね?研究職とはそういった意味でも選ばれた人間の仕事といえるでしょう。

成果主義の厳しい世界

そんな研究職ですが、いったん着任すれば安定して退職まで働けるわけではありません。ほとんどの場合は任期が決められている博士研究員、いわゆる「ポスドク」からスタートします。ポスドクとして数箇所の研究機関で実績を積み上げ、論文を書き、やっと任期無期限のパーマネント研究員として働くことができるようになるのです。

運営資金は、製薬企業や公的機関、病院、税金などさまざなところから支給されております。つまり、投資されているのです。ですから、研究チームには一定の成果が求められます。そこで、投資期間から満足のいく成果が認められない場合は、資金提供も打ち切られてしまい、研究が続けることが困難になり、一時的ではありますが、職を失う可能性があるのです。

正社員や業務委託、期間契約などプロジェクトによる

雇用形態はプロジェクトにより様々です。通称:理研と呼ばれている部分では、プロジェクトによりジョインし、専門分野で活躍されます。大学教授であったり、はたまた主婦であり、専門性が必要なチェックの実参加するなど、論文チェックなど様々なのです。

ただし、基礎となる知識が合ってこそです。

プロジェクトの求人は人材紹介会社に出ることはまずないでしょう。基本は大学経由か研究職員の推薦などによります。

最後に

研究機関の雇用形態に関しては、正社員ももちろんあります。しかしながら、人材紹介会社にでてくる求人案件は、製薬企業の研究機関などいわゆる民間企業になります。

そこで実績をつくり、ヘッドハンティング、スカウトということも稀にありますが、非常にレアケースです。研究職につきたい!というのであれば、医療メーカーや製薬メーカーを探すのが妥当です。

高望みをしていると時間ばかりすぎてしまいますので、エージェントに相談し、現実をしっかり受け止めることも大切です。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。