ママ薬剤師の味方!時短勤務ってどうなの?メリット・デメリット

女性の方の方で、特にご家族を持たれている方は就業時間、拘束時間を気にされたことがあるかと思います。シフト制をしいている、従業員が多い企業では「時短勤務」を設けて女性をサポートされている企業もあるのです。

給与的には比較的優遇されている薬剤師

薬剤師という職業は、資格を取得して就労しますので、労働条件は一般職に比べて比較的優遇されていると言っていいでしょう。

一般職に比べて、薬剤師の場合、例えばパートで働くとした場合の時給の相場ですが、最低でも1300円程度からと高く設定されていることが多いです。もちろん、これはあくまで一般論であって、すべての薬剤師の給与が必ずしも良いというわけではありません。採用する側の雇用条件によっても給与は増減しますし、働く環境によっても増減します。しかし、法改正で、薬剤師がいなければ、薬の調剤はもちろんのこと、市販薬まで販売できなくなりました。

そのため、ドラッグストアーや薬局にとっては薬剤師がいなければほとんど薬局としての機能を果たすことが出来ないと言っていいでしょう。そこで、少しでも高い給与を準備してでも薬剤師に働いてほしいのです。薬剤師の場合には、時短で働くということも可能ですし、実際に時短でパートで働いていらっしゃる薬剤師さんも大勢います。時短とは時間短縮の略で、働く時間を少なくしてもらうということです。薬剤師の場合、時給が高く設定されているドラッグストアーや薬局が多いために、時短で働いてもある程度のまとまったを収入を得ることが可能です。

時短で働くメリット・デメリット

時短勤務
薬剤師の「時短勤務」はメリットが大きいかもしれません

アルバイト・パートとは違い「正社員雇用」ですので、ボーナスもありますし、会社の福利厚生も活用できることでしょう。仮に、転職を行う際も正社員勤務とカウントされるため、転職にも有利ですし、次回の給与査定もよくなります。

デメリットは、給与が減額になってしまう、責任のあるポジションに就きにくくなるというのが上げられます。

勤務時間が、普通に働いているメンバーより短いので給与が減額されることは当然のことですし、決裁が必要なポジションについて、職場にいないことごおいと、何かと仕事に支障がでてしまします。

時短勤務はある企業ない企業がある

時短については、応じるところもあれば応じないところもあり、これは法律で決められるようなことではありませんので、一概にどの職場でも時短が効くかどうかははっきりとしていません。総務や人事担当にしましょう。

適応企業といえど、給与減額割合を知らないで、その制度を利用してしまうと、思っていた以上に減額される場合がありますので、注意が必要になります。

ママ薬剤師の時短勤務の有効活用方法

ママ薬剤師
先に述べたとおり、時短とは時間短縮の略で、働く時間を少なくしてもらうということです。このことはママさんでもある薬剤師にとっては非常に魅力的であるといえるでしょう。その理由は、拘束時間が短くなればなるほど家庭を大事にすることが出来るからです。
ママさん薬剤師の場合、子供の年齢にもよりますが、乳幼児であれば尚更お子さんの面倒を見て居たいでしょうし、保育園が不足している現在では、子供を預かってくれる保育園は順番待ちという状況が起こっていますので、時短勤務はママさん薬剤師の強い味方です。時短で空いた時間を、子供を保育園に迎えに行くこともできますし、順番待ちの方の場合、時短で余った時間を保育園探しに充てることも出来ます。
時短勤務は有効に利用しましょう。

まとめ

「薬剤師でも時短勤務で働く方法」とはいいつつ、「時短勤務はすべての企業があるとは思わないでください」と書くと矛盾しているかもしれませんが、企業により様々ですので、労務体制はしっかり確認しましょう。非常勤という働き方も大きくくくれば時短勤務の一つです「リクナビ薬剤師」ではかなり力を入れているようですので、相談してみてはいかがでしょうか。

働き方の変更を考えている方は転職エージェントに相談するところから始めましょう。働き方に関しては、ブラック企業、隠れブラック企業などという言葉が出てきてから、頻繁に改定が行われております。専門的にリサーチしている江―jンとは心強い味方になります。これから家族を持たれる予定がある方、今の拘束時間に不満を持たれている方は、ぜひ検討してみてください。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。