地方調剤薬局の方が年収が高いという噂

地方
転職コンサルタントに相談したとき年収を希望する方には、「地方」で働くことをすすめられた経験はないでしょうか。そのときの日本の医療状況や人口状況により、変化があるのが働き方です。

都市部集中型の働き方

現在、地方では薬剤師の不足が深刻な問題となっています。これは、薬剤師がどうしても都市部で就職したがるために起きている現象です。都市部に薬剤師が集中してしまう原因は、やはり生活していくのに便利だから、という理由が挙げられます。都市部では確かに住むところから食べるところ、お酒を飲むところ、遊ぶところまで衣・食・住・遊が揃っていて、生活していくには便利です。

地方の人材マッチングがうまくいかない

一方、地方では衣・食・住・遊が都市部よりも少ないと言えます。その結果、生活に便利な都市部に薬剤師が集中してしまうというわけです。薬剤師の就労人数自体は減少していませんが、最近では6年制になったことが原因で、定員割れを起こす大学の薬学部の問題も急浮上しています。薬学部が6年制になったことで、受験する受験者数が減少しているのです。その理由の一つに、不景気の真っただ中にあって、ただでさえ子供を大学に通わせることが困難になったことや、6年も大学に在籍することで就職に不利になってしまう、といった受験生の意識の変化もあります。

薬学部6年制の枷

もともと、薬学部の6年制導入は、質の高い薬剤師を生み出すことにあったはずなのですが、それがかえって受験者数の減少を招いているという、皮肉な結果になってしまっています。さて、2014年度から、6年制大学を卒業した新しい薬剤師が世間で活躍するようになりましたが、都市部と地方の薬剤師の現状はどうなっているのでしょうか。

まず、一般的には地方のほうが都市部よりも稼げるというケースも少なくありません。これは、地方の薬剤師不足は深刻なため、少しでも高い給与を支払ってでも薬剤師に来てもらいたいという、地方の切実な思いがあります。

まとめ

生活するにはお金が必要なのはだれもが知っております。生活を満足感を得るためにはレジャー施設、交通の便、ご自身の興味のある満足のいく何かが必要です。しかし、地方には大きなショッピングモールが続々出現しておりますが、地方の中でも集中型がです。ですので、そこに人は集まれど、他の場所は、人が少ない状況です。

地方案件が周辺施設の充実したライフワークの充実と肩を並べるには、それなりのお金を出すしか人は集まってこないのです。ですので、施設に乏しい地方では、給与が高くなっていると考えられます。

もちろん、他の要因もあるかと思いますが、各地方をリサーチしているコンサルタントに相談することで、その時の最新情報を知れることが可能になります。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。