薬剤師として入社3年目で考えるキャリアプラン

hu012
今の転職状況というのは、3年で転職・キャリアチェンジというのが、新卒入社のビジネスマンが考えられています。当たり前にもなってきていますが、企業側としては、そうも考えていないのが本当のところです。

考えるべきことはたくさんある

薬剤師として働き始めて3年も経ってくると、そろそろキャリアアップを考えることもあるでしょう。薬剤師のキャリアアップとしては、現在の職場の地位を上げるか、薬剤師として働ける違う職場を選ぶかが出てくるかと思います。

現在の職場での地位の向上を目指すなら、管理薬剤師になるという選択肢もあります。管理薬剤師になるには、3年以上薬剤師として働いてきたという実績のほかに、在庫管理や衛生管理、帳簿類のファイリングなどのスキルも必要になってきます。

経営者視点と現場視点

管理薬剤師を目指すともなれば、必要なスキルとして、「経営者の視点で物事を見る」という能力も必要になってきます。経営者としての立場から薬局にかかわるのに似たような能力が必要とされるのです。

ほかにも人材の育成や、人事に関する事項などもできなければなりません。そういった意味から考えますと、入社3年目でのスキルアップで、現在勤務している薬局に勤務していくのであれば、管理薬剤師へのキャリアアップは有効な手段と言えます。

管理薬剤師は薬局に必ず1名は常駐していなければなりませんので、求人も多く、また、一般の薬剤師と比べると、収入にかなりの格差があります。

資格を生かしてジョブチェンジも可能

他業種への転職でスキルアップを図るという方法も考えられます。たとえば、大手の製薬会社に勤務して医薬品の開発に携わるという仕事です。一般の薬局に比べ、豊富な知識と経験を必要としますが、それだけにやりがいがあるとも言えます。

薬剤師の資格は、薬を扱うには必須ですし、薬品を開発するにも大切な基礎知識になります。大学も6年制になり、資格取得も困難。ということを考えますと、非常に大切な人材扱いになります。ですので、企業もドラッグストア、調剤薬局、製薬企業、病院など様々な分野で活躍できます。

最後に

3年も企業に在籍していると、自然と他社(競合)の情報も入ってきて、隣の芝生があおく見える時期ではあります。

一通りのビジネスマナーも身に付き、キャリプランとしてもワンステップ上をめざすことを考えることが多くなる薬剤師さんが多いかと思います。転職をするときも、リサーチを行い、自分で応募。「上のポジションで働かせてください」で話が通るのは非常に稀なことです。

ですので、3年目のキャリアプランを考えるときは、専門コンサルタントの意見を参考にすると、その先の5年後、10年後のプランも立てやすくなります。

是非、求人サイトを活用して、3年、5年、10年とプランを立ててみてください。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。