企業で薬剤師として働きたい

研究員

企業で働きたい薬剤師の方

薬剤師が活躍できる職場は多数あります。薬剤師は、調剤薬局や病院薬剤師として働くだけでなく、企業で活躍するという道もあるのです。製薬会社などで働く方も少なくありません。研究や開発、販売に携わる方もいらっしゃいます。

又、Medical Representative、略してMR。この仕事をする薬剤師も多数います。これは、医師などに新薬を紹介したり、PRしたりする仕事です。営業するお仕事ですから、興味のある方も多いのではないでしょうか。

企業の内勤薬剤師で働きメリット・デメリットを考える

企業で働くメリットは色々あります。現在、どのような仕事をされているのか分かりませんが、もし今後企業で働きたいとお考えであれば、転職サイトを利用して見るのがオススメです。転職サイトであれば、たくさんの求人情報を知ることができますし、転職サイトならではの良さもあります。コンサルタントがいることも嬉しいことですし、インターネットを活用してできることも良いところでしょう。企業の薬剤師に強い転職サイトもありますから、そちらを見て検討してみてはいかがでしょうか。

せっかくの薬剤師と言う素晴らしい資格を活かし、自分のやりたい仕事を思う存分がんばってみて下さい。良い転職をする為には、やはり情報をたくさん集めることが必要です。それが簡単にできる転職サイト。是非、企業に強いサイトを活用してみて下さい。

企業に強い転職サイトとは

今は、薬剤師の方が転職する際、転職サイトを活用される方が少なくないこともあって、このようなサイトが多数存在しています。どれもそれぞれ工夫があって、利用しやすくなっているようです。

又、中でも企業に強いと言われる転職サイトもありますから、将来企業で働きたいとお考えの方は、そちらを積極的に利用すると良いかもしれません。もちろん、企業に強いと言われている転職サイト意外にも、様々な求人情報がありますから、色々チェックしてみるのも良いでしょう。

企業に強いと人気の、転職サイトをいくつか紹介してみると、リクナビ薬剤師クラシスの「ヤクジョブ」などがあげられます。クラシスの「ヤクジョブ」は、転職した人の満足度が非常に高いことが特徴です。コンサルタントが素晴らしいのも魅力です。リクナビ薬剤師も、希望の転職ができると大変人気があります。満足度もとても高いです。又、薬剤師のお仕事もオススメの転職サイトです。求人情報も多く、マッチング力がとても高いところもこちらのサイトのメリットです。いずれのサイトも、サポートが充実していますから、良い転職する為に頼りになってくれるのではないでしょうか。

この他にも、色々転職サイトがあります。賢く利用して、良い転職を成功させてください。働きながら転職活動される忙しい方々にも、お勧めしたい転職サイトです。

まとめ

企業の内勤(研究職・事務職)などは求人数は少ないものです。プロフェッショナルとして入職するにはそれなりのスキルもそうですが、「なぜ、入職したいのか」を明確に、理系としてのロジカルに派させる必要が出てきます。

転職エージェントに相談すれば、ポイントを教えてくれると思いますので、是非相談してみてください。

Share.

About Author

佐宗 けいこ

上場企業のマーケッターを経験し、その後、人材紹介会社の薬剤師専門の転職コンサルタントに就く。現在では、「働く」ということにフォーカスした記事を書いている主婦です。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。