薬剤師の定年はあるのかという質問をいただきました。

年金受給の65歳への繰り上げ。政府の方々は、そもそもの年収が違います。公務ということであれば移動手段の一部も税金で賄えますし、給料の他にさまざまなお金が使えますので、あまり俗世間の「年金」に関して疎いから、ただ受給タイミングを送らせれば良い・・・なんて発言ができるんでしょうね。すいません、失言しました。

さて、民間の企業であれば定年はあります。ほぼ60歳ですね。薬剤師さんにももちろんあります。ただ、「それは企業による」なのです。

考えたことありますか?定年を

薬剤師の定年は何歳なのでしょうか。また、定年後の再就職は可能なのでしょうか。

病院、製薬会社、ドラッグストアチェーンなどの企業や公務員として働く薬剤師には、定年があります。職場ごとに規定は異なりますが、一般的に60~65歳で定年となります。

小規模な調剤薬局の場合、定年を決めるのはオーナーですので、話し合いによって定年を決めることも可能です。自分自身が調剤薬局を経営している場合は、当然、定年はありません。

薬剤師業界は特殊で高齢でも需要がある

法改正により、第一類医薬品の販売に際しては、薬剤師による書面を用いた情報提供が義務化されたため、ドラッグストアでも薬剤師の常駐が必要となりました。このような背景から、定年を迎えた社員を嘱託社員として再雇用する企業も増えているようです。嘱託社員は実質的には契約社員と同じですから、正社員より待遇面で劣ることが多いようです。しかし、他の職種と比べて、薬剤師は高齢の方でも年収が高くなっています。

定年後に再就職する場合、定年前の給料や待遇を求めると仕事を見つけることが難しくなります。一般的には、新卒の給料や待遇を目安にするのが良いようです。条件面である程度妥協する必要はあるにせよ、現時点では、定年後も比較的、就職環境は恵まれているといえるでしょう。

パート、アルバイトでも需要が高い

私のコンサルタント時代にも「定年後もパートで働ける職場はありますか?」という相談を男女問わずいただいておりました。確かにフルタイムでは難しいかも知れませんが、パートやアルバイトといった働き方も可能です。実際、薬剤師業界は主婦が多く、企業もパートを多く雇い入れ、シフトを充実させたいという企業もあります。

まとめ

通常の定年といいうますと60歳、ないしは65歳ですが、終身雇用制度がなくなった今では、そのような雇用もどんどんなくなっていくかもしれません。企業であれば利益を上げる事が使命でありますから、いくらスキルがあっても高給よりも安価な人材を確保したいということはあるでしょう。

しかし、この薬剤師に限っては特殊です。少子高齢化に伴い、医療を求める人口が増えるに対して対応できる人材が追い付いていないのが実情です。

ゆえに、パート、アルバイトでも少しでも働いてくれる人材を求めている企業も多いということです。

Share.

About Author

栗林 あたる

首都圏を主軸に「働く」をテーマにイベントや勉強会を行っています。フリーランスでの活動になりますが、転職コンサルタントとして活動している40代前半のおっさんです。年間200人以上の面談を行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。