生活に役立つ資格と併せてトータルサービスができると年収アップ

年収アップというものは何も優良企業に勤めるだけがすべてではありません。大都市圏では駅の近くに必ずと言っていいほどある調剤併設薬局、ドラッグストア。そして、昔から薬局の商品は格安であったりと生活に密着していたのです。

より生活に密接になってきた薬剤師

以前は薬剤師に求められていることは調剤と服薬指導が主な仕事でしたが、近年では薬剤師の活躍が目覚ましく世の中の需要が高まり調剤薬局以外の施設からも求められている職業です。そういったことから薬剤師の在り方も少しずつ変わってきており、調剤薬局やドラッグストアに勤務されている方でも認定資格などを取得しておくことが求められています。調剤薬局やドラッグストアでは特に個人の生活に根付いた資格が求められています。

漢方は処方箋なしでも購入できるので人気

例えば漢方薬に対するしっかりとした知識を持つ漢方薬・生薬認定薬剤師や、デリケートな時期である妊婦に対してカウンセリングを行い正しい服薬指導ができる妊婦・授乳婦専門薬剤師などは悩める女性に寄り添った資格のため需要も高いです。

こういった資格を持っておくことで転職の際には大きな強みになるだけではなく、年収にも大きく関わってくるでしょう。資格を持っていることでマイナス査定になることにはないので、強みや自分の糧にしたい方はぜひ取得しておくべきでしょう。

介護の分野でも活躍できる

またこの他にも服薬指導から一歩進んだサービスもできる薬剤師であれば、更なるプラス査定に繋がります。薬局での調剤だけではなく、寝たきりの方などに向けた在宅介護の分野へ手を伸ばしている施設も多いです。

介護士で且つ薬剤師であれば効能を説明できる、体調によってアドバイスができるなど今需要が延びてきております。気になる点としては、介護職はそもそも年収面で診ると薬剤師比べて非常に低いのが現実です。ですので働き方としては、業務委託やパートアルバイトなどでスポットで働くというのがおすすめです。

最後に

こういったポイントに積極的に動ける方や後進の育成、更には薬局の改善まで導くことができる方であれば更なる年収アップも期待できるでしょう。薬剤師として患者さんや多くの方との信頼関係を築くことについて、しっかり出来る方が求められているのです。

製薬メーカーや調剤チェーンも単なる利益を求めるのみの企業は衰退しております。今は、ライフスタイルも一緒に考えられる薬剤師を必要とhしているのかもしれません。転職によって、経営判断ができるポジションまでに上るのは正直大変ですが、地場の店舗の責任者くらいならなれるはずです。転職の際は、求人内容を比較してみてください。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。