年収1,000万円を超える薬剤師になるには

年収転職を考えるうえで切っても切れないのが「年収(給与)」ではないでしょうか。

日本では、転職回数を重ねることで年収が下がっていくという悪しき風習があります。しかし、薬剤師業界に限っては100%その通りではないのをご存知でしょうか。ケースバイケースで大幅な年収アップも見込めるのです。

1,000万円プレイヤーは本当にいるのか

通常、薬剤師の年収が1000万円を超えるということはほとんどありません。山奥の小さな村や離島など、僻地の薬局に勤める薬剤師は都内の薬局に勤める薬剤師よりも給与が高い傾向があり、800万円を超える収入を得ている人もたくさんいます。しかしいくら給与の高い僻地の薬剤師でも、年収1000万円というのはかなり稀なケースでしょう。

高給の職種にも複数ある

しかし世の中には薬剤師でありながら年収1000万円以上を稼ぐことが可能な働き方が存在します。それは臨床現場から離れた場所で活躍する薬剤師です。たとえば大手製薬会社に勤務するMR営業です。MR営業といえばその厳しさから離職率が非常に高い職業といわれています。しかし薬剤師として1000万円以上の年収を稼ぐ働き方の代表格といえるでしょう。

もう少し特殊な働き方だと、大学教授も挙げられます。薬学部の教授も当然薬剤師資格保有者ですので、これも立派な薬剤師としての働き方です。薬学部教授の年収は1300万円程度が相場といわれていますので、年収1000は軽く超えるでしょう。

まとめ

このように同じ薬剤師という肩書きであっても、実際にはさまざまな働き方が存在しています。薬局で調剤するだけが薬剤師の仕事ではないのです。ただし高い給料につられて働き方を選べば、きっと後悔することが多くなると思われます。本当に自分に適した働き方なのか、よく考えてから選びましょう。

不安な方は、転職エージェントにそ相談してみてください。

僻地でも良いのであれば「かなりの高給」の求人案件を紹介していただけますよ。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。