薬剤師としてのんびり働きたい

かすみ草

一般的な薬剤師のイメージとして“薬局で沢山の処方箋を次から次にさばいている忙しそう”という印象が強い今日この頃。
果たして薬剤師としてのんびり働ける職場は存在するのか。ちょっと考えてみましょう。

薬剤師の知識や資格を活かせる主な求人といえば

  • ドラッグストア勤務
  • 調剤薬局勤務
  • 製薬会社勤務
  • 病院勤務
  • 大学勤務
  • 行政勤務

等でしょうか。

今回は、その中でも求人の大多数を占めている“ドラッグストアのお仕事”と“調剤薬局のお仕事”にスポットを当ててお話させていただきます。

ドラッグストアは忙しい?

まず、ドラッグストア勤務についてですが、一般用医薬品(OTC薬)の販売や相談業務に加えて、お店が混んで来るとレジに行列ができ、レジ打ちの早さ等も求められて来ます。(ドラッグストアによってはレジに入らなくて済むところもあるかもしれませんが)
そのため残念ながら“のんびり働く”というには少し遠いような気がします。

地域差のある調剤薬局

次に調剤薬局勤務についてですが、これはズバリ“周辺地域の医療事情による”といえます。
例えば、周辺に病院が1つしかないような過疎化の進んだ田舎の場合ですと、近隣の患者さんが全てそこに押しかけることになります。そうなるとひっきりなしに患者さんがやって来ては、お薬を用意して提供するという作業の繰り返しになり、一息つく暇もないような状態が容易に想像できます。
また同じ田舎であっても、場所によっては医療機関や調剤薬局が複数存在していて、患者さんの数も適宜に分散しているような地域もあります。
そのような場所の調剤薬局であれば余裕を持って業務が行えますし、残業も殆ど発生しないようです。
これならあなた自身の心身にも良い環境でのんびりお仕事ができるのではないでしょうか。

というわけで働き方にこだわりがある方は、後々“ミスマッチで悩む”ということを避けるためにも、働く場所周辺の医療事情を調べてから応募するといった手順を踏むことをおすすめします。

Share.

About Author

有賀 冴子

都内人材紹介会社に勤務経験。人事、総務に従事しておりました。自社採用に携わっておりました。現在は1児の母。在宅でサポートさせていただいております。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。