【製薬会社への就職(転職)を検討中の方必見】気になるお仕事内容を紹介します

研究員
薬学部を卒業して薬剤師の資格を取得したのはいいけど、就職先は薬局でおくすりの調合や説明をする以外にもいっぱいあるはず…。
その中の一つとして製薬会社を例にとり、紹介したいと思います。

薬剤師の資格保有で採用に繋がる可能性も

製薬会社は他の一般企業と同じように営業・開発・製造・研究・総務など様々な部署があります。
基本的に薬剤師の資格がないと就けないということではなく、薬学部出身で薬剤師の資格も持っているから仕事で戦力になってくれそうという企業側の期待から採用が決まるケースが多いようです。
しかし、大学で白衣を着て実験をした経験があると、なんとなく研究職ってかっこいいですよね。
そこで、今回は製薬会社における研究職についてご紹介します。

新薬開発のスペシャリスト【創薬】

 文字通り新しい薬剤を創り出す部署です。
他社特許をモチーフに合成展開したり、自社で所持している膨大な化合物ライブラリーからハイスループットスクリーニング(HTS)という手法を用いて生理活性物質を見つけ出していきます。
この部署では有機化学の知識が必要とされ、部署名は合成課や創薬研究室などの他にチームリーダーの名字を取って○○研究室(例:佐藤研究室など)という大学研究室の通称のような名前になっている場合もあります。

お薬の設計士【製剤】

 薬剤は有効成分だけでは、体内へ効率良く取り込めません。そこで製剤という部署が活躍します。
例えば風邪薬は錠剤、鎮痛薬は錠剤や湿布剤といった具合に適切な製剤にすることで有効成分の力を最大限引き出すことができます。
また、錠剤ひとつ取っても、体内のどの器官で何時間に渡って吸収させたいかを計算してコーティング層を設計していくなど、医薬品には欠かせない大切な部署です。

薬剤の安全性を確認する【治験】

 動物実験をはじめとした生物試験を行う部署です。薬剤の効果を試験管レベルから実験動物レベルまで確認します。
上記の創薬で見出された開発候補の薬剤や既存の市販薬剤などが生体内でどのような影響を与えるか、良い効果だけでなく悪い効果(急性毒性・慢性毒性・蓄積性・発がん性・催奇形性など)を判断することも重要な仕事です。
その結果、効果だけでなく安全性も高い薬剤として、我々が安心して服用することができるのです。

細部の品質チェックをする【分析】

 薬剤の有効成分の品質に問題がないかどうか、様々な機械を使って分析する部署です。
その他にも上記の部署と連携し、新規剤の物理化学性評価・製剤分析・生体内代謝物評価など、薬剤に関連するあらゆる分析を行います。

会社の権利を守る【知財】

 主に特許関連の仕事を行ないます。他の部署と違って実験をするわけではありませんが、会社の権利を守るための部署です。
新規生理活性物質やその製造方法・製剤方法など、自社の発明を特許申請したり、他社の特許情報を収集しています。
医薬の場合、特許は出願してから最大25年間継続させることができますので、
莫大なお金と長い年月のかかる開発剤を他社に邪魔させない大切な部署です。

最後に…

その他にも会社によって色々な部署が存在しますが、どういった職場であろうと薬剤師の資格を持って薬剤に関わる仕事に就くというのはやりがいがあるはすです。
以上、製薬会社の仕事(研究編)でした。

Share.

About Author

有賀 冴子

都内人材紹介会社に勤務経験。人事、総務に従事しておりました。自社採用に携わっておりました。現在は1児の母。在宅でサポートさせていただいております。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。