病院薬剤師の本当のところ(成功する転職)

病院薬剤師
病院に勤務する薬剤師の仕事は主に入院患者さんへの調剤業務や服薬指導になります。一昔前では病院と調剤は密接に結びついていましたが今では分離しています。そうしたことから病院勤務での薬剤師の需要というものはやや落ち着いた傾向にあります。

数は少ないが病院の求人は存在している

しかし毎年一定数の求人はあるようです。主に入院患者さんへ向かった仕事を行い、その上で医師との連携作業があるため、責任感も重くやや大変な勤務内容です。

最近では処方に関しても、院外の調剤薬局に任せることが多くなってきましたので、その業務自体は減ってきております。ですが、「感染制御専門薬剤師」「がん専門薬剤師」「精神科専門薬剤師」などといった入院患者さんに関連の高い専門業務を求められることが多くなってきております。

働き方が特殊である

病院薬剤師さんの本当のところの話を挙げるとするば、まず病院毎で仕事の内容が大きく違ってくるということです。病院によって採用されているものが違うので配合が変わってくることがあるだけではなく、医師によっても対応が異なってくるため思っていたよりも大変であるとかキツイといった印象を受ける薬剤師さんも多いです。

また調剤薬局などと違って勤務も連続勤務が多く休みが無いなどという方もいるようです。このことからプレッシャーを感じて参ってしまう方なども居ます。こういった過酷な環境である場合も多いですが、入院している患者さんが元気に退院していく姿や回復して元気になっていく様を見届けることができるのが嬉しいという方も居ます。

そして、何より平日の勤務は戦場です。大学病院や大手の病院の薬科では、待ち時間1時間などあたりまえになっていますし、その分患者さんがいるのです。そのことも忘れなく。

最新医療の現場というメリット

また病院勤務は、調剤薬局だけではわからない様々なことが学べる機会も多いことをメリットに挙げている方もいます。将来的なキャリアップを見越して勤務するのであれば良い刺激を受けられる反面、業務に関しては病院や環境などに大きく依存することを念頭に置いておきましょう。

最後に

実はお給料は比較的安い設定です。大学病院などでは25万円〜35万円など相場といわれており、薬剤師全体の平均年収より低いといわれております。

病院ではやはり医師、看護師がメインであり、薬剤師というと作業社員という位置づけがまだ根強いようです。そして、処方も院外でまかなえることを考えますとやはり専門知識がある薬剤師を重宝する傾向にあります。

これから病院薬剤師として働きたいという方は、必ず転職エージェントに相談しましょう。年収の交渉は必須ですよ。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。