ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収

asdnen
薬剤師は高齢化にともない病院・薬局・ドラッグストアで売り市場になっております。
どこの企業でも一人でも多く採用したいと争奪戦が繰り広げられております。

ドラッグストアで働かれている薬剤師さんの声として「薬剤師の資格がなくとも出来る棚卸し、品並べ等が苦痛」とあがっております。そのため、離れてしまうケースが多いです。

しかし考え方ではありますが、店舗運営やマネージメントの経験が出来る、ビジネススキルが身につくという点に魅力を感じる方や、OTC医薬品の知識が身に付くという意味では、将来独立を考えている薬剤師さんには素晴らしい環境でもあるのです。

給与面では恵まれているドラッグストアの給与相場をまとめていました。

ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収相場

ドラッグストアで働く薬剤師の方々の平均年収相場は、下記のようになっています。

初任給の相場 25万~35万
初年度年収の相場 360万~480万
平均年収の相場 450万~800万

ドラッグストアは、病院や調剤薬局などと比較すると、一般的に年収は高い傾向にあります。店長業務を任されるようになれば、管理職手当もついて年収は800万程度まで上がります。そして、地方にいけばいくほど給与が上がる傾向があります。

薬剤師手当も5万〜10万つくところも多いと思いますので、給与面は高いです。

登録販売者の存在

チェーン展開をしている企業は給与の高い薬剤師を多く確保することに少なからず抵抗をしめします。しかし、実情薬剤師がいないと商売にならないので、頭を抱えているところであります。

そこで、注目をあびているのが「登録販売者」です。
企業からしてみたら人件費に雲泥の差があり、職務はほぼ薬剤師と一緒なのです。ドラッグストアであれば非常に重宝される存在です。このような資格保持者が多く出てきますよ、薬剤師の売り手市場も変わるといわれているくらいです。

逆に考えれば登録販売者の資格を取得していることで働き口は多くあるということです。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。