薬剤師の求人数比較をしてみた(大手企業4社比較)

こんにちわ。
薬剤師の新卒年収とあるところでは500万円以上という企業があるくらい薬剤師さんは引く手数多です。

企業は薬剤師をほしがっておりますが、全く足りていない状況がここ何年も続いております。そういう背景があり人材紹介会社が多くでてきました。大手ではリクルート、マイナビグループ、M3グループ、薬剤師プロの運営の総合メディプロ株式会社などあり、他にも多数の人材紹介企業があります。

比較サイトも多くあり、いったいどこを登録したら良いのかわからないと思います。ですので、単純に求人数で薬剤師の求人を数で比較してみました。

正社員

いわずもがな「正社員」の求人数にフォーカスしてみました。

サイト名 求人数

リクナビ薬剤師 35,000件以上

マイナビ薬剤師 37,000件以上

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア 30,000件以上

薬剤師プロ 20,000件以上

大手求人サイトに登録することで、公開されている求人案件の90%以上は把握できると思います。違いは紹介スピードやコンサルタントの対応力でしょう。

まとめ・その他

大手の薬剤師案件数はやはり「すごいな」の一言といえるでしょう。

ただ、ここで薬剤師さんが悩むのが
「いったいどうやったら私の条件に合う求人に出会えるのか?」
です。

数はおおいにこしたことはありませんが、多すぎると迷う対象になりますので、そこはしっかりと軸をもって転職活動に臨みたいものです。今回ご紹介させていただいた人材紹介会社へ会員登録して、コンサルタントへ簡単な相談するところからはじめても良いと思いますよ。

では転職活動がんばってください。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。