外資系企業で働く薬剤師のメリットとは?

外資企業
未だに人気の「外資企業」。医療では、国内系が人気かも知れませんが、実は隠れた存在で、一部の求職者には人気でもあるのです。そのメリットとは・・・

給料が良い

薬剤師が外資系の企業に勤めるメリットとしてまず上げられるのは、給料です。単純に日本の企業よりも給料が高めなのです。ただでさえ薬剤師の年収は他の職業よりも高めだといわれていますが、その中でも抜きん出た高年収を得られるのが外資系企業なのです。実際に年収1200万円を超える薬剤師もいます。外資系企業に勤める薬剤師としては、決して珍しい額ではないのです。

給料は高ければ高いほど良いものです。同じ仕事をするのであれば、より高い給料をもらえる企業で働きたいと思わない人はいません。給料が高いというのは、非常にシンプルですが非常に大きなメリットといえるでしょう。

実録主義な社風が多い

外資系企業のメリットは給料の高さだけではありません。実力主義な社風の企業が多いこともメリットの一つとなる場合があります。日本の企業の多くは年功序列の社風であり、若い人が出世することは難しいものです。

しかし外資系の場合は、実力を認められれば年齢に関係なく出世できます。薬剤師とはいえれいがいではありません。研究職であれば新薬を短期間で開発する。商品をヒットさせるなどの実績をつめば、若くても高い地位に立つことができるのです。もちろん出世すればその分だけ給料も高くなります。

最後に

日本の企業のような社風の方が安心して働けるという人もいますので、誰にとってもメリットになるとも限りません。しかしより緊張感を持って仕事がしたい、自分の能力に見合った給料をもらいたい、そう考える人は外資系企業への転職を健闘してみる価値があるのです。

外資系医療企業「パレクセル・インターナショナル株式会社」「イーピーエス株式会社」もあります。あまり、有名じゃないですかね??

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。