改めて考えてみる「薬剤師の求人・転職を考えた時にやること 」

転職に関する悩み不満なことが多くなってくると「転職したいしたい!」「ここよりいい求人情報が絶対あるはず!」と隣の芝生をとても意識してしまいませんか?でもちょっとまってまってください。薬剤師の求人・転職については、まず初めに考えることがあります。

薬剤師の働いている市場を客観的にみる

薬剤・調剤師という職業はありとあらゆる所で必要とされています。特に調剤薬局やドラッグストアは慢性的な人手不足が続いています。(調剤薬局・ドラッグストアの店舗数がふえたことによって!)それゆえに薬剤・調剤師求人情報が多いのですが情報量が多いのでさすがにすべて見るのは不可能なのでは?と思うので必要最低限のポイントのみをチェックするのが一番効率のいい探し方だと思います。

不満理由を整理する

ほとんどの方が望んでいるものと言えば”条件面”ですよね。一番大きな条件面は「お給料」だと思います。なのでお給料が一番大切と思うのであれば、とにかくお給料の面だけでチェックしていきます。そしてその中で気に入った職場があればいくつかピックアップし、その後に更に詳細なチェックをおこなっていけば理想の職場を探すことが出来ると思います。その他にも勤務時間や残業の有無、休日の設定などの条件もあります。

なのでお給料だけという単体に絞って探すだけでなく、複数の条件面でチェックしていくのです。複数の条件面でのチェックの場合、優先順位をつけることが大切です。そのようにして薬剤・調剤師の情報をみていけば膨大な数の情報と向き合うのもそれほど大変ではないですよね。

まとめ

「薬剤師の求人・転職を考えた時にやること 」は行き当たりばったり応募することではありません。

薬剤師の情報を適当にみてしまってはいくら時間があっても足らないですし、適当に選んで就職してしまっては後で後悔することになるかもしれません。後悔しない為にも、1人で転職活動に自信のないひとは『必ず』転職エージェントを活用し、まずやるべきことをアドバイスしていただきましょう。そして、ポイントを絞ってチェックして探してください。大切なのは自分の条件をきちんと持って探す事です。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。