今後の薬剤師求人事情を考える

調剤薬局を例にあげますが、少子化で子どもが少なくなるからヒマになるというものではなく、超高齢化がきて忙しくなるのではないのか?といわれております。その分、医療費が上がったり、在宅薬剤師が活躍するときが今以上に訪れるなどいろいろ推測が飛び交っています。

そんな中、キャリアアップについてはどうなのか考えてみましたので、現時点で転職の方向性で迷われている薬剤師さんがいれば参考になれば幸いです。

転職が当たり前の時代へ

薬剤師求人事情
転職をする人が全く珍しくなくなった今、より良い職場を目指して多くの方が転職しています。転職することで職場環境が良くなった方も大勢いらっしゃいます。もちろん、全ての方が成功しているわけではないのですが、悩んで考えて出した答えが良い方向へ進んでいる方が少なくないのです。

ずっと在籍することで、ポジションをあげていくことは可能ですが、薬剤師獲得に多くの企業が乗り出しているということを考えますと、雇用と仕事のバランスが崩れていくのかもしれないということも考えることがみえます。逆に言うと、「今後もに困ることはない」と見てとれます。

同じ仕事をするのであれば、条件の良い企業へ

薬剤師の求人情報は本当に多く、医療関係であれば引く手数多であります。そこを逆手にとって、わがままをいう求職者さんがいますが、企業も利益を出さなくてはいけませんので、すべてを鵜呑みにして採用はしてくれません。

せっかく転職して再スタートを切るなら、収入アップも目指したいでしょう。薬剤師として転職先を選ぶ際、やはり注目したいポイントであることは間違いありません。同じような仕事をしているなら、誰だってできるだけお給料は多い方が嬉しいと思うものです。収入面から見て良い条件の職場があるのに、その情報を知らなかった為に出会うチャンスが無かった方もいらしゃるかもしれません。人によっては、なかなか良い条件の求人情報を手に入れるのが難しい方もいらっしゃるのです。

超高齢化でますます必要な存在に

冒頭でも述べましたが、超高齢化社会に突入します。今でさえ、ドラックストアや調剤薬局、病院など薬をうけとり方々が来店、来院されているなか今以上に膨れ上がるのです。それにより人材不足となり、採用を積極的に行う企業が増えてきます。

ですので、お仕事がなくなるということは考えにくいことです。もし地場でチャンスがあるのであれば薬局を出店する計画を立てたりしても良いかもしれませんよね。まずは、経営能力や資金といったハードルがありますが、求人案件によっては、高額年収もあります。転職するときは、ぜひとも、その夢、希望、キャリアプランをコンサルタントに相談してみてください。

その他・まとめ

薬剤師求人事情
とはいえ、転職の繰り返しはあまり良くありません。
採用側からしますと「すぐやめてしまうのではないか?」などと思われてしまい、選考落選の場合もあります。複数回転職を繰り返している薬剤師さんは「人材紹介会社に登録して『推薦』とう形」でエントリーするとスムーズにことが運ぶ場合が多いです。

転職コンサルタントを有効活用して、キャリアプランを形成していきましょう!

Share.

About Author

佐宗 けいこ

上場企業のマーケッターを経験し、その後、人材紹介会社の薬剤師専門の転職コンサルタントに就く。現在では、「働く」ということにフォーカスした記事を書いている主婦です。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。