【薬剤師さんの働き方】パート・アルバイトの時給やライスタイル

結婚や家庭の事情で、パートやアルバイト、非常勤という選択肢になってしまう薬剤師さんもいるかと思います。しかし、ことのほか、薬剤師資格をお持ちであれば窓口は多くあるのです。

薬剤師のパート・アルバイトの仕事は見つけやすい

薬剤師パート
薬剤師のパート・アルバイトの求人情報は見つけやすく、ほぼ確実に働くことが可能です。
やはり正社員と違うことは、企業が「支払う給与額」になります。正社員ですと、年収500万円以上も多く、店舗にお客様がこなくてもランニングコストとしてかかってしまします。

パート・アルバイトで働くメリット・デメリットは?

メリットとしてあげられるのが

  • 仕事を見つけるのが比較的容易であること
  • 勤務時間や期間を自由に選べること
  • 自分の都合に合わせて融通がききやすいこ
  • 異動や転勤がないこと

正社員でなければ、シフト制の勤務であることが多いです。柔軟にプライベートとの両立を図ることができます。
責任も正社員ほどないのが実情ですので、人気の一つです。

ではデメリットはどうでしょう?

  • 一定以上勤務しないと企業の社会保険に加入できない
  • ボーナスがなく、給与が低い。不安定収入
  • 責任のある仕事ができないため、転職で不利になる可能性がある

収入面でデメリットが多いですね。

薬剤師の平均時給は?

パートやアルバイトの時給についてですが、これは地域によっても働く場所によっても違ってきます。また、首都圏と地方でも時給の相場は違ってきます。しかしながら、薬剤師の時給は他業種と比べて高く設定されています。この理由としましては、専門職であることが理由として挙げられます。

薬剤師になるためには学歴と国家試験に合格しなければなりませんので、誰でも気軽になれるという職業ではありませんから、これは当然です。ではパート・アルバイトの薬剤師の時給はいくらかと聞かれますと、先に述べたとおり、働く場所によっても違ってきますし、地域によっても違ってきますが、平均時給は2,000円~2,500円程度です。売り手市場であり、資格商売ですのでこのレベルの時給で考えていただいて良いでしょう。もちろん経験・スキルによりこれ以上になりますよ。

ライフスタイルでの多い相談

転職サイトに会員登録して、相談が多いものとしては「ライフスタイル関連」があげられます。

  • 結婚をして家庭を大切にしたい
  • 育児を大切にしたい
  • 他に趣味ができたが、薬剤師として適度に続けていきたい
  • ブランクがあり、心配なのでまずはパート・アルバイトから

多くの場合、「給与」という軸で動いている方があまり見られず、「自分のライフスタイルに合わせて」という方々です。このように、ライフスタイルを崩したくないヒトには、正社員以外での働き方はおすすめします。

その他・まとめ

長いブランクのある方や実務未経験の方が、仕事に慣れるためにアルバイト・パートを選択することがありますが、アルバイト・パートでの勤務経験が後に正社員雇用に結びつくという保証は少ないです。キャリアとして認められにくく、勤務の中でスキルアップを図ることも難しいため、いきなり働くとしたらアルバイト・パートからという考え方はおすすめできません。

キャリア重視ではなく「家庭」を重視するのであれば、アルバイト、パートでも十分ではあります。求人サイト(人材紹介会社)を利用して、転職活動を行う際は、エージェントにキャリアプランよりライフプランを重視していることをはっきり伝えましょう。知らぬうちに正社員で話が進んでしまうと大切な時間を無駄に使ってしまうことになります。

Share.

About Author

佐宗 けいこ

上場企業のマーケッターを経験し、その後、人材紹介会社の薬剤師専門の転職コンサルタントに就く。現在では、「働く」ということにフォーカスした記事を書いている主婦です。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。