大手チェーンと地域密着型の違いは?

大手チェーン薬剤師の働く環境としてドラッグストアと調剤薬局がダントツに多いです。
ただ、その中で共通していることがありますので確認してみましょう。

大手チェーンについて

大手チェーンでは、ドラッグストアと調剤薬局共に「顧客の幅が広く、求められる薬品や情報も様々」です。
その分、幅広い業務を経験することができるといえます。幅広い医療経験や知識を得ることでスキルアップを図っていきたい方に向いている職場です。

また、大手チェーンでは研修制度や教育制度が整っているため、スムーズに業務に入りやすく、キャリアアップへの道筋も思い描きやすいでしょう。組織の中でキャリアアップを図っていきたい方には、やはり大きな組織で働くことが貴重な経験となります。組織的な経営について学ぶ機会もあるでしょう。

ポイントは良くも悪くも先輩社員がいること、そして、入社翌年には後輩社員も入社してくることで、教える立場になり、自分が成長できるというところでしょう。もちろん、全国展開している企業であれば、転勤もありますから、様々な地方独自の働き方等を学ぶこともできます。

しかし、積極的にキャリアアップを図る意識がなければ、大きな組織内での仕事はルーティンワークとなりがちです。患者さんとのコミュニケーションも稀薄になりがちですので、やりがいを感じにくくなってしまうかもしれません。

地域密着型について

地域密着型のメリットは、患者さんとの関係性が深く、アットホームな環境で仕事ができることでしょう。患者さん個々の情報も把握しやすく、適切な服薬指導・生活指導ができます。患者さんの病気に対する心配や苦労に触れることも多く、薬剤師としての役割以上に、一人の人間として人と関わる喜びを感じることができるかもしれません。

地場に密着した環境ならではのコミュニケーションや地域交流が最大の特徴です。給与的には、大手に劣るものはあるかもしれませんが、将来、独立などを考えている方には、地域性を勉強する、コミュニケーションの取り方を学ぶには良い環境とも言えます。(いきなり、数十店舗も構えることは今の時代難しいですから。)

地域密着型のデメリットは、研修制度や教育制度が整っていないこと、キャリアアップへの道筋を見つけにくいことです。また、裁量権は大きいものの、仕事の経験の幅が狭くなる傾向があります。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。