女性薬剤師と男性薬剤師の需要の比較

薬剤師は女性の働き手が8割ほど占めております。では、男性に需要がなくその数字になっているのでしょうか?少し考えてみました。

研究職としての薬剤師は男性も多い

製薬会社の研究職として従事されていることもあります。薬剤師として調剤薬局、ドラッグストア、病院薬剤師、薬剤系のMRなどだけではありません。

裏方として薬をテーマに研究している方々も多いのです。

また、女性は育休や産休などもありますが男性はありません。医療の進化スピードは非常に速く1日でも早く発表しなくてはいけません。そういう意味では体力のある男性は重宝されます!

販売薬剤師にはは魅力を感じていない

男性の特色として一つのもをじっくり研究したい特色があるのでしょうか。ドラッグストアでの販売職となると魅力を感じていない様子があります。調剤薬局も一種のサービス業で接客も業務のうちの一つです。そこを懸念される方が多いようです。

店舗に在籍することになると男性薬剤師は仕入れられたものを移動させたりといった力仕事を任せやすいので、重宝はされますが、特に給与に反映されることもないでしょう。ポジションが上にあがらないと駄目なのです。

その他・まとめ

男性薬剤師も調剤薬局やドラッグストアで活躍されております。

働き方として「女性でも働きやすい」ということで女性が目立つようです。特に女性が有利であるということはありません。

転職枠としては、非常にレアであります。どこの薬剤師の求人サイトを比較しても、このような職種は表に出ていることはありません。求人枠としては非常に少ないので人材紹介会社に登録しないとわからない非公開求人となっていることが多いです。

気になる方は、相談してみることをおすすめいたします。

Share.

About Author

尾関 よしみ

人材紹介会社のマーケッターです。企業情報や転職事情のリサーチ、企業求人案件の開拓などを行っています。コンサルタント面では現在は学生をメインに就職コンサルタントを行っています。

「薬剤師求人比較サイト」厳選サイト

薬剤師の求人比較サイトは数多く存在しますが、求人案件の90%以上は大手人材紹介会社に登録することで解決することが多いです。プラスアルファとして、その求人サイトの得意分野と地場に特化したなどの特徴が追加されますので、2社程度に会員登録して比較していくことをお勧めします。